日本運動疫学会ホーム    
   サイトマップ | English

 
ホーム会則役員会誌学術集会セミナー入会案内過去のお知らせお問い合わせ

日本運動疫学会 ホーム > 過去のお知らせ > 第16回運動疫学セミナーのご報告 
 
 
ニュース
 

第16回運動疫学セミナーのご報告

第16回運動疫学セミナーは2015年8月21日(金)〜23日(日)、国立健康・栄養研究所他(東京)で開催されました。
受講者は37名で、ベーシックコースに25名、アドバンスコースに11名、フリーコースに1名が参加されました。
各コースの紹介、講師の紹介につきましては、下記ページを参照してください。
http://jaee.umin.jp/seminar_16.html

セミナーレポート

ベーシックコース
急性期、回復期病院の脳卒中患者の退院時セルフエフィカシーが、在宅時の転倒に影響するか(早く生まれちゃった)
中学2年生女子における日常的な身体活動量が骨密度に及ぼす影響(Team 冬男s)
有名人参加の地域イベントが成人女性の身体活動量に与える影響(チーム イケメン)
日本人勤労者における身体機能と抑うつ症状との関連:コホート研究(柏くんと9月生まれの仲間達)
アドバンスコース
深呼吸をすれば、アーチェリー選手の命中率を向上させるか?(金メダル5個取るぞ〜!!)
大学体育授業と早期退学率・休学率との関連性:コホート研究(炭酸水は抜け毛を予防する)
中学高校時代における運動部活動経験と年収(珍☆苗字)

次回は2016年8月の開催を予定しております。
みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。
(セミナー委員会)

第16回運動疫学セミナー






PAGE TOP
 
HOME | 会則 | 役員 | 会誌 | 学術総会 | セミナー | 入会案内 | 過去のお知らせ | お問い合わせ | リンク

運動疫学ニュースレターアーカイブ | プライバシーポリシー | 著作権について | アクセシビリティへの対応について | サイトマップ